長崎のセフレには需要も価値もありません

水曜日 , 13, 10月 2021 Leave a comment

(-o-)

多分私の欲望?
長崎のセフレ

しかし不可能な話

老婆として、私には需要も価値もありません

久しぶりに日記を書きます。
今回は、長崎のセフレ記者についてです。

私は子供の頃、テレビの子供でした。
https://www.nikukai.jp/nagasaki-sefure/

最初は白黒テレビでしたが、カラーテレビになってショックを受けました。
夏休みは朝から晩までテレビを見ました。

当時のテレビは幅広い番組で勢いがありましたが、
多くの娯楽とゴシップの話がありました。

なにより、エンターテインメント記者は花だったと思います。
各テレビ局には、梨元勝と東海林典子が率いる独自の記者がいました。

井上公三、駒井千佳子、長谷川正子などは今も活躍していますが、
どちらも無料で、テレビ局専用のイメージはありません。
珍しい場所で、梨元勝の娘は娯楽記者でもあります。

エンターテインメントレポーターの特権は、普通の人よりもエンターテイナーに近いことです。
長崎のセフレの記者会見に参加したり、会社の新製品の発売を呼びかけられたりするなど。
特権を利用して、ラブストーリーをeに投げ込むインターテイナー、
私の仕事は真実を引き出し、バラエティ番組でそれを伝えることです。
特別な取引をすると、記者として疲れ果ててしまいます。

新製品の発売時には、製品に関係のない質問のみを行いますので、
長崎のセフレは企業広報にだまされるかもしれませんが、あなたはいつも質問をしています。

バラエティ番組自体が減少している今、
エンターテインメント記者が活躍できる場所

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です