二度も愛を感じた長崎のママ活

土曜日 , 11, 9月 2021 Leave a comment

ディワータ島唄林は羽ばたきダンスです(⇒No.2、No.4、No.6)

ディワタシマ ‘ウタフェシディキラチモラナトゥヌガナ

◯さて、私たちの島の歌、林長崎のママ活

長崎・佐世保でママ活できそうな女性 〜諫早・島原でもママ活にチャレンジ

 

武田節」

 

歌:三橋美智也

太陽の下で輝くカイ山脈

出発の心配はありません

長崎のママ活それぞれの馬はペットです

私の妻と子供、しかし彼女はしません、彼女はしません

この山川

彼女は敵になりますか?

人は石垣人は城

思いやりは味方です

(詩吟)

風のように、彼は森のように静かです

それは火のようで、彼は動いていて、山のようです。

ツツジさやか月

歌うために最善を尽くします

彼は各京を目指しています

フェリー

 

歌:都はるみ

いつも飛ぶカモメも長崎のママ活

ついに愛を忘れてしまった

今夜、笛、笛、笛

一人で泣いている長崎のママ活

私はばかであることを忘れることはできません

連絡船が到着する港

きっと来ると思います

それは旅行者の口ですか?

今夜、笛、笛、笛

風のニュースを待つ

たった一晩の思い出です

連絡船が到着する港

船はいつか戻ってきます

待つが二度と戻らない人もいる

今夜、笛、笛、笛

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です